小学部の様子

小学部「休業中登校日の様子」

 5月13~15日

 春山校舎も、学校再開に向けて各学年ごとに登校日が設定され、少しずつ児童生徒の

姿が学校に戻りつつあります。

 各学級で、遅れていた苗植えを行いました。また、校庭・裏山での外遊びを行い、体

をたくさん動かすことができました。

 

 

 3・4年生はトマトの苗、5・6年生はジャガイモ植えです。プランターや園芸用土

に移植した後は、水をたっぷりとあげました。みんなが学校に戻ってくる頃には、し

っかりと根付いていることでしょう。2年生は朝顔の種を植えました。芽が出てくるの

を観察するのが楽しみですね!

 1年生も校庭まで遊びの範囲を広げ、大型遊具で遊ぶことができました。高いところ

から見る春山校舎の景色も格別です。

学校の再開が、待ち遠しいですね。

小学部3年1組、4年1組 「ぬってみよう!レインボーやどかり」(国語科)

 

 小学部3・4年1組では、4月から国語科で正しい筆記具の持ち方と書き方に取り組んでいます。

 徐々に幅が狭くなる三角形を、はみ出さないように注意しながら色を塗っていく活動です。親指、人差し指、中指の3本で正しく筆記具を握ることがコツです。皆しっかりと手元を見て、塗り残しやはみだしが無いように気を付けて取り組んでいました。

 今まで筆記具を握ったりつまんだりして持っていた子も、徐々に3本指で支えることができるようになり、指先の動きが滑らかになってきました。

 今後は、漢字での記名など、徐々に練習していく予定です。

 

小学部「にゅうがくおめでとうかい」


 ピカピカの新1年生をお祝いする「にゅうがくおめでとうかい」を行いました。

 会場は、在校生が心を込めて制作した花飾りでいっぱい!

   入場する1年生はみんなうれしそうな笑顔でした。

 

(1年生の自己紹介)

  1年生は自己紹介カードを掲げながら、担任の先生と一緒に

  自分の名前や好きなことを発表しました。

  在校生も拍手で応援!

  和やかな雰囲気での「おめでとうかい」でした。

 

(お楽しみ活動~アンパンマン手遊び歌)

  最後は、みんなが大好きな「アンパンマン手遊び歌」で遊びました。

 1年生の皆さん、ご入学おめでとうございます。みんなでなかよく学びましょう!

 

 

(小)校外学習「不思議がいっぱい」(小学部4年1組、5・6年1組)

 小学部4年1組、5・6年1組の計5名は、生活単元学習「不思議がいっぱい~風・ゴム・電気の働き~」の学習を通して、身の回りにある風やゴム、電気について学習してきました。まず初めに、車の模型を手を使わずに動かす方法について考え、息やうちわで風を起こしたり、ゴムを伸ばしたりして車を走らせる活動の中で、「強くあおぐと速い。」や「ゴムをたくさん伸ばすと速い。」など風やゴムの働きに気付くことができました。

 次に電気の学習を行いました。見本の回路をよく見て、電池のプラスとマイナスの向きや導線のつなぎ方に気を付けて電気回路を作り、豆電球を点けたり、プロペラを回したりしました。電池やモーターを使った車を走らせると「ゴムより速い!」「止まらない!」などと電気の働きに気付く姿が見られました。

 今回は、更に学びを深めるために、コミュタン福島へ校外学習に行ってきました。コミュタン福島では、体験学習と放射線ラボや環境創造シアターの見学をしました。体験学習では、うちわでたくさんあおいでプロペラが回ると、LEDライトが点いたり、オルゴールが鳴ったりと、風の力で電気を作る活動を通して電気の働きや電気を作り出す大変さを学ぶことができました。館内見学では、身の回りの環境についてゲームを通して体験しました。子どもたちは初めて見る展示物や映像に興味津々で、目をきらきらと輝かせながら、見学していました。
 学校では経験できない貴重な体験ばかりで、「たのしかった!」「おもしろかった!」と嬉しそうに話す姿が見られました。充実した学習を提供してくださったコミュタン福島の皆さん、ありがとうございました。

(小)「福を呼ぶ、豆まき!!」(小5・6年1・2組)

 5・6年1・2組では、生活単元学習「豆まきをしよう」を行いました。年男である5年生は、かっこいい裃を作り、6年生は鬼のお面を作りました。
 2月3日には、校長室を始め、保健室、各学級に豆をまきに行きました。気持ちを込めて作った豆を思いを込めてまきました。学校中に福がやってきたことでしょう。

     校長室で豆まきをしました。「福は内!」

     「福は内!」保健室でも豆まきをしました。

(小)「新年を迎えて(小4年2組、4年3組)」

 新年が明けて始めの学習は「お正月遊び」でした。自分で作った紙相撲の力士を土俵に立てて、友達同士でトントンとたたいて“取り組み”をしました。勝っても負けても力士の動きが面白くて、お互いに笑いあった初場所でした。

 団子さしの活動では、柳の枝に色とりどりの飾りを付けました。力を入れると壊れてしまうため慎重に優しく付けて、できた飾りはしばらく教室の入り口に飾りました。

 冬の遊びの代表的なものとしての凧揚げ。自分で模様を描いた凧を持って、お天気が良い日には校庭で揚げて、その様子に大喜びの子どもたちでした。

 私たちの学級では、年間を通してプランターで野菜を栽培しました。この日は白菜を使ってシチューを作り、近隣の学級にふるまいました。その際、『リトルファーム』という名前のお店屋さんとして提供し、「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」と言ってチケットと交換する活動を行いました。皆さんにおいしかったよと言っていただきました。

 

(小)保健指導 ~学部集会~

 1月20日(月)小学部集会「わくわくたいむ」の時間に、保健に関する学習を行いました。
 今回は、「かぜやインフルエンザにかかったら」という題材で、保健部が中心となって作成した動画を見ながら学習しました。

 

 

 

 

 

 

① せきやくしゃみをするときは・・・鼻と口をタオルやハンカチで覆いましょう。
                     (咳エチケット)
② マスクの正しいつけ方・・・鼻と口をしっかりと覆うようにつける。
③ 鼻をかんだら・・・ティッシュはすぐにゴミ箱へ捨てる。手もきれいに洗う。
④ 具合が悪いときは・・・ゆっくりと身体を休ませる。
           薬を飲むこと。病院でもらった薬はきちんと飲みきること。
 これらの4点について学びました。

 

 

 

 

 

具体的に、悪い例と良い例を順番に提示することで、児童は比較しながら正しい方法を学ぶことができました。動画を観ながら、〇や×のサインをしたり、動画に合わせて手洗いのしぐさをしたりする等、興味をもって主体的に学ぶ姿がたくさん見られました。

 

 

 

 

 

 

 小学部では、学級や学年、学習グループでの保健指導のほかに、このような学部全体での保健指導を、年間を通して計画・実施しています。

(小)校外学習「買い物に出かけよう」(小学部1年1組)

 12月6日(金)に「決まりを守って教師と一緒に活動することができる」、「教師と一緒に買い物や金銭を扱う経験をすることができる」の2つをねらいとして校外学習に行ってきました。ダイソーでは、友達や教師と一緒にお家の人から頼まれた商品を探し、見つけて買うことができました。ケンタッキーでは、事前学習で決めたメニューを店員の方伝えたり、お金を支払ったりすることができました。
 校外学習で経験した金銭を扱うことや決まりを守ることを今後の学習や実生活の中でいかしていきます。

(小)校外学習「おでかけしよう~けんたっきー~」(2年)

 2年生は、「教師と一緒に買い物や金銭を扱う経験をすることができる」ことをねらいと
して、硬貨の弁別学習や物の買い方を知るごっこ遊びを行ってきました。また、実際に買い
物体験をして金銭を扱うことへの意欲・関心を高めるために、11月29日(金)、12月6日
(金)に、バスに乗ってリオンドール船引店にあるケンタッキーフライドチキンへ行ってき
ました。 

(おかねのじゅんびをしよう)
 事前学習では、見やすく手作りしたメニューを見ながら、自分の食べたいものと飲みたい
ものを決めました。また、ワークシートを使って、100円玉と10円玉を並べて、持ってい
くお金の準備をしました。

(かいものごっこをしよう)
 準備したお金を使って、買い物ごっこをしました。物の買い方の学習です。
 買い物ごっこで買ったジュースを実際に飲むことで、買い物の楽しさも感じました。

(校外学習~実際に買い物をしよう~)
 いよいよ校外学習で、ケンタッキーフライドチキンへ。学習してきたとおりに注文してお金を支払うことができました。2週連続で行ったことで、2回目は落ち着いて良い表情で買い物、会食ができました。物の買い方を学習し、実際に上手に買い物ができたことで、自信がついた子どもたち。今後の実生活でもこの力をいかしていけると良いと思います。

ケンタッキーフライドチキン・リオンドール船引店の皆様、お世話になりました。

(小)交流及び共同学習「交流会~船引小学校との交流~」

 船引小学校児童とたむら支援学校児童との、第2回目の交流会を行いました。
 今回の交流会は初めて船引小学校を訪問ということで、当日まで子どもたちはドキドキ、ワクワクしていました。
 交流会では、自己紹介をしてからダンスやボールゲーム、パズルゲームを4つのチームに分かれて行い、最後に、全員で手をつないで輪になり、「ビリーブ」を歌いました。楽しい時間はあっという間で、帰る時にはお互いに名残惜しそうに手を振る様子が見られました。