高等部

2018年10月の記事一覧

高等部 「船引高等学校家庭クラブとの連携」

船引高等学校家庭クラブと、たむら支援学校高等部は年間をとおして様々な交流及び共同学習を

実施してきました。

 今回は、船引高等学校家庭クラブからの提案で、高等部の作業学習で取り組んでいるブックカバー

の制作を一部お手伝いしてくださるという、ありがたい申し出がありました。

 

型紙と直線縫いを終えた生地をお渡しすると・・・その続きを数日で美しく仕上げてくださいました。

  

 

 さらに、しおりのミサンガを編む工程では、編むだけでなく、ブックカバー本体への縫い付けも、

完璧に仕上げてくださり、本校と船引高等学校との見事なコラボレーション作品が誕生しました。

  

 

船引高等学校、家庭クラブの元会長さん(第3学年)、が代表で届けて下さいました。

 お手伝いいただいた製品は、10月20日(土)の、学校祭(ゆめここ祭)にて、販売いたします。

 新会長は第2学年の男子生徒へ引き継がれ、両校の取り組みや素晴らしい関係は、今後も

継続されます。これからも宜しくお願いいたします。ありがとうございました!

第2回 小野高等学校 課題研究書道選択生徒との交流 

 10月5日(金)小野高等学校課題研究書道選択生徒との交流及び共同学習の2回目を行いました。今回も高等部石崎校舎内で、書道パフォーマンスを行い、大作を完成させました!その様子をお伝えします。

 

本日もよろしくお願いします。楽しみにしていました!  前回、皆で話し合って決めた「夢限」(むげん)という素敵なことばを作品にします。

                           先ずは流れの打ち合わせと、台紙の準備です。

  

 

先ず「夢限」の文字です。一画ずつ交代で書きました。

    

 

手のスタンプで虹を描き、その中に好きな漢字を書き入れます。

   

 

虹の中に、一人一人の思いや願いが漢字で込められています。   次に、前回の話し合いで決めた、シンガーソングライター綾香さんの歌、

                               「にじいろ」の歌詞を書きました。

  

 

「夢限」「にじいろ」の完成です!!最後に、感謝の気持ちを込めて、本校高等部より作業学習で製作したメモ帳と手作りクッキーを贈らせていただきました。

 

              

 

 小野高等学校の皆さまに2回にわたって石崎校舎においでいただき、たいへん有意義な交流及び共同学習となりました。

 また、「何を」「どのように」制作するかを、両校の生徒同士で、ていねいに話し合って進めることで、互いの良さを発揮し

素晴らしい作品に仕上げることができました。

 たむら支援学校では今年度の取り組みの重点の1つとして「ことばの力」に視点を当てた授業づくりを行っています。

生徒一人一人の「ことばの力」がつながり合い、かさなり合って、「夢」にまた一歩近づいた一日でした。

 小野高等学校の皆さまには心より御礼申し上げます。今後も両校の生徒同士の関係をさらに深めていきたいと思います。